石破大臣にお会いしました。

昨日、鳥取県の第3セクター、若桜鉄道のイベントで地方創生を担当する石破大臣にお会いしました。
石破大臣とは2月の終わりに宇都宮でお会いしていますので今回で2度目。
若桜駅のイベント会場で「大臣、おはようございます。」とご挨拶すると、大臣は私の顔を見て、「おっ」という表情をされて、「いすみ鉄道さん、いつも頑張っていらっしゃいますね。」とおっしゃっていただきました。
そうです。
ありがたいことに、大臣は私の顔を覚えていてくれたご様子でした。

[:up:] SL列車の出発式を終え、公募社長仲間で大臣を囲んで記念撮影。
大臣は駅長さんの帽子をかぶってご満悦のご様子でした。
左から、若桜鉄道の山田社長さん、由利高原鉄道の春田社長さんです。


[:up:] 若桜鉄道が社会実験として行ったSLの試験走行列車です。
そしてご挨拶する山田社長さん。
就任からわずか半年でこれだけのことを成し遂げた凄腕の持ち主です。


[:up:] ご挨拶される石破大臣。
その後、ヘッドマークの除幕式を行いました。

SLに取り付けられたヘッドマークは「鳥取発 地方創生号」
素晴らしいですね。

[:up:]SL列車の折り返し点となる八東(はっとう)駅でもう一度式典を行いましたが、ここでもご挨拶する石破大臣。
駅長さんの帽子がよほどお気に入りのご様子でした。
せっかく今まで残してきたローカル線というものを、うまく使うことが地域活性化であり、どうやってうまく使うかを考えてやっていくのが地方創生であります。
石破大臣の口から、この言葉をお聞きして、私は自分がやってきたことが間違っていないと確信しました。
石破大臣、ありがとうございました。
(若桜鉄道のSL走行実験については、明日ご報告させていただきます。)
SL列車のニュースは「こちら」。
もうひとつ、朝日新聞デジタル
若桜鉄道も全国区ですね。
山田社長さん、沿線の皆様、関係者の皆様、おめでとうございました。
一緒にがんばりましょう。